本当の経済

日本を代表する金融街である兜町
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が新たにファンドを作り、それを適切に運営するためには、考えられないほど本当に大量の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が事細かに定められています。
格付け(信用格付け)の魅力は、読むだけでも時間のかかる財務資料が理解できなくても格付けによって、その金融機関の経営状態が判断できる点にあるのだ。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまで可能なのである。
【用語】外貨両替の内容⇒海外を旅行するときもしくは外貨を手元に置いておきたい人が利用されるものである。しかし日本円に不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
今後、安定的ということに加え活気にあふれた他には例が無い金融システムの構築を実現させるためには、どうしても民間企業である金融機関と政府が両方の立場で課題を積極的に解決しなければならないのだ。
よく聞く「失われた10年」という言葉は本来、一つの国とかひとつの地域の経済が10年くらい以上の長きに及ぶ不況、併せて停滞にぼろぼろにされた時代を表す語である。
いわゆる「失われた10年」というのは、どこかの国の、あるいは地域の経済活動が実に約10年以上の長きにわたって不況と経済停滞にぼろぼろにされた10年を表す語である。
多くの場合、株式市場に自社株を公開している上場企業であったら、企業運営の上で必要になることから、株式だけではなく、さらに社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済する義務があるかないかである。
一般的に株式市場に自社株を公開している上場企業の場合は、企業活動を行う上での資金調達の方法として、株式の上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務の規定である。
そのとおり「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3つの重要な機能を通常銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、そしてその銀行自身の信用力によってはじめて実現できているものなのだ。
保険業法(改正1995年)の定めに則り、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社の2つに分かれ、どちらも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社しか行ってはいけないとされている。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う企業は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、どちらの場合も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者以外は行えないのです。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務のセクションを分割して、当時の総理府の外局のひとつとして旧金融監督庁が発足したわけです。
【用語】バブル経済(バブル景気・不景気)とは?⇒不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の市場での取引価格が度を過ぎた投機により本当の経済の成長を超過してなおも高騰を続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指します。
重要。「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能についてを銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資」「為替」といった業務それにその銀行自身の信用力によって機能しているものなのだ。

広告を非表示にする